« 2007年7月8日 - 2007年7月14日 | トップページ | 2007年7月29日 - 2007年8月4日 »

2007年7月22日 - 2007年7月28日の記事

2007年7月27日 (金)

そろそろネタ不足かな・・

私はかなりの割合で予約投稿をしています。
(livedoorの反映が遅いので、記事を書いて書き溜めているだけですが)

土日ネタなどは8月いっぱい埋まっています。

ところが平日ネタはネタ不足です(笑)

今日の投稿は、昨晩書いたのですが、あわてて書いたので、あまり吟味はしていません。

ふと気づくと・・・どこかで書いた内容。

誰かがどこかでコメントしてくれた内容。

などなど、見覚えのある感じです・・・・。

そろそろネタ不足・・(というか脳内キャパ限度)なのかなぁ・・・。

みんなみたいに、仕事にこだわらないで更新していこうかな(笑)
(イヤミじゃないよ・・・笑)

何となく、アクセス数の維持にこだわりすぎて、どつぼにはまったみたい・・・(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火)

シガポ先生のウンチク話

スポーツで重要な脳内ホルモンは3種類ある。

一つ目は、将来に対して集中するホルモンでチャレンジする気持ちのときに脳内からはシロトロピンというホルモンが活躍する。

二つ目は、現在に対しての脳内ホルモンで、目の前のことに集中してるときに活躍するコルチコトロピン

三つ目は、過去に対しての脳内ホルモンで、今日もよく頑張ったという充実感、勝ち試合での満足感などの時に活躍するドーパミン

3つの脳内ホルモンが活躍していれば問題ないが、実際は負け試合の後は練習したくないし、努力しても才能に敵わないと絶望する。

やらなければならないメニューより、やりたいメニューを優先してしまう。

それは人間だから仕方の無いことだ。

ならば効率の良い練習、量より質を重視し、その質を上げる為には・・・

「やれる」と思うこと。

「やる」と集中すること。

「やってよかった」と満足すること。

しかし、普段からこのように思うことは案外「難しいこと」なのです。

やれ、と言われて出来るものじゃない。

だが、あることに関しては簡単に出来る。

それが「食事」

食事の前、これが食べられると期待する。

食事中、「うまい」と思っている時は食事に集中している。

食事後、「あぁ、うまかった」と思って満足感を味わう。

これで、シロトロピン、コルチコトロピン、ドーパミン、という三種類の脳内ホルモンが活躍できるのだ。

山菜採りもつまみ食い禁止も食事に集中する工夫だったのだ。

脳神経も鍛えることが出来る。

毎日三度、食事の時に意識的に活躍させることで脳は普段から活発に働くようになる。

つまり集中力が増したり、やる気になったり、甲子園に行きたいと思えるようになる

だから、1週間の合宿期間中、野球の練習だけではなく、食事で脳を鍛えよう・・・

という話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月8日 - 2007年7月14日 | トップページ | 2007年7月29日 - 2007年8月4日 »